在りし日の姿を残す写真で故人を見送る

葬儀で一番目立つところに飾られるのが故人の生前の姿を写した写真です。

写真があることで元気だった頃の様子が懐かしく思い出され偲ぶ気持ちが強くなります。最後のお別れになるのですからできるだけいい写真を飾りたいところですが生前に葬儀用の写真を撮影しておく人はごく一部です。ほとんどの人は手持ちの写真から使える一枚を選びますが、写真選びの基準や使えるかどうかの判断はどのようになっているのでしょうか。今回は、お葬式の写真について基本的な知識と注意点を紹介します。

 

葬式に写真は欠かせない

葬式に写真は欠かせません。どんなに簡素な葬式であっても写真は飾られます。葬儀にはいろいろ経費がかかりますが、写真を削ることはまずありません。残された遺族としても生前の姿を写した写真を飾ることで偲ぶ思いは強くなります。

知人や親戚など遠方から出席してくれた人たちも、葬式の写真を飾ることで故人が出迎えている印象を与えることができます。

たった1枚の写真のあるなしで葬式の印象はガラリと変わります。心に残る葬式にしたいのなら素晴らしい写真を選んで最後のお別れに飾りましょう。

 

葬式用の写真選び

葬式には欠かせない大切な写真ですが生前にあらかじめ自分の葬式用写真を撮影し準備しおく人はごく一部です。ほとんどの葬式では故人が写ったアルバムから使えそうな写真を探し引き伸ばして飾ります。

一昔前までは、引き伸ばした写真は画像が荒くなってしまうため、ある程度の大きさがないと葬式用には使えませんでしたが、近年はコンピューターによる補正技術が進化し使える写真が大幅に増えています。

携帯やスマホで撮影した写真ももちろん使用可能です。

 

写真選びのポイント

葬式用の写真選びのポイントはいくつかあります。ここでは写真選びのポイントを紹介していきます。

 

最優先は写りの良さ

葬式用写真選びで最も優先すべきポイントは「写りの良さ」です。写りの良さといっても重要なのは、顔が大きくピントがきちんとあっていることです。

生前個人が気に入っていた写真を使いたいという希望は、よくありますが引き伸ばしたら飾れるレベルでなかったケースは少なくありません。

ややピントがぼけている程度だと写真サイズでは、普通に見えても引き伸ばすと鑑賞に耐えず葬式用としては不適格なことがよくあります。

全身写真など顔が小さく写っている写真についても同様です。

最近はコンピューター補正により、かなり修正が効くようにはなっていますが引き伸ばしにも限度があります。集合写真の小さな姿を引き伸ばすようなことはできないので、できる限り顔が大きくピントがきちんとあっている写真の中から選ぶようにしてください。

 

故人の人柄が浮かび上がる写真がふさわしい

明るい人なら、笑顔が厳格な人なら真面目な顔、穏やかな人なら慈愛あふれる顔というように亡くなられた人が生前どんな人だったのか、写真を見るだけで人柄が思い浮かぶような写真が葬式にふさわしい1枚です。

写りの良い写真というと、写真館で撮影する「記念写真」や、「証明写真」などが候補に上がりますが、写りが良い写真でも、本人のイメージとズレがある写真をお別れに選んでしまうのも違和感があります。

多少、写真写りが悪くても、見るだけで生前の姿がいきいきと思い出されるような魅力的な写真があるのならそちらを選ぶケースが多く見られます。

葬式用の写真は多くのことが写真加工で修正できる

葬式用写真に求められる条件はいろいろありますが、実際問題としてすべての条件を満たす写真を見つけるのは難題です。

事前に葬式用の写真を撮影しているのなら、話は別ですが、普通の写真の中から葬式にふさわしい条件を満たしているものを探すのは簡単ではありません。

良さそうな写真でも退職していたり表情は良くても服装が普段着だったり顔の後ろに余計なものが見切れてしまっていたりとすべての条件を完全に満たす写真がないケースもよくあります。

条件にあう写真がないからといって落ち込む必要はありません。

葬式用の写真には専門の加工サービスがあります。写真加工サービスを利用すればいろいろなことを修正し葬式に使える写真に仕上げてもらえます。

条件を頭に入れて探すのは大切ですが、そればかりにこだわる必要はありません。まずは写りの良い写真を探し条件が悪いなら写真修正で対応しましょう。

色や影は修正対応可能

いい写真だけ色あせてしまっている。すてきな表情だけど影になってしまっている。そんな場合は修正で対応可能です。

色や明るさはコンピューターで調整できるので、全く問題ありません。

退色の進んだ写真も影になった表情も補正すれば見違えるほどきれいに仕上がります。

写りの良い写真を選ぶのが基本ですが、修正で対応できることも多いのでとりあえず候補に入れておき、葬儀会社と相談することをおすすめします。

服装にこだわる必要なし

最後のお別れに飾る写真は、できれば「スーツなどきちんとした服装で写った写真で」

そう考えることはごく当たり前ですが、写真選びに関しては服装にこだわる必要は全くありません。葬式で飾る写真の服装に関してはコンピューターで自由に変更可能です。

男性ならスーツにネクタイなどふさわしい服装に差し替えてもらえるのでどんな服装で写っている写真でも使えます。

ただし、帽子やマスクなど顔にかかるものに関しては修正では対応できないので注意してください。

背景色も変更可能

背景についても自由に変更可能です。葬式用には背景に何もない写真が望ましいですが、記念写真やスナップ写真で背景なしというのはほとんどなく、探すのは困難です。

しかし、どんなににぎやかな背景の写真であっても、今の写真技術によって、本人のみを切り出して無地の背景と合成することもできるので、あまり背景にこだわらず自由に写真を選ぶようにしましょう。

 

大切な額縁選び

葬式の写真で忘れてはいけないのが額縁です。額縁がなければ写真を飾ることはできません。葬式用の額縁といえば、黒無地のシンプルなものが一般的ですが、最近は故人を偲ばせる、個性あふれる額縁を使うケースが増えています。

植物好きなら花やボタニカルデザイン、オシャレが好きならカラフルなカラーやポップなデザインなど、素材や色により額縁一つで印象は大きく変わります。

葬式のマナーにも額縁に関するものはなく自由に選んで構いません。個人が見て喜んでくれるようなすてきな額縁で写真を飾ってください。

まとめ

葬式に飾られる写真は、生前の姿を最後に心に留めるための大切な役割を持っています。元気だった頃の姿がありありと思い浮かぶような素敵な写真を選べば葬式そのものが心に残る思い出になります。

写真探しは簡単な作業ではありませんが、どの写真を選ぶかはとても大切な仕事です。故人のために最後にしてあげられることのひとつですからアルバムをチェックして良い写真を探してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です