一日葬の日程は?所要時間や詳しいスケジュールを解説

「一日葬」は昨今、新しい葬儀スタイルとして行われるのが多くなってきました。特に、忙しく時間のない人にとっては有難いものです。しかし、「一日葬」という言葉を知っていても、どんな内容の葬儀なのか知らない人は多いと思います。そこで今回は一日葬の日程、所要時間やスケジュールについて詳しく解説していきます。

一日葬とは?

お葬式の中で、一日の流れで終了するのが、「一日葬」です。告別式から火葬まで一日で行い、葬式にかかる費用を抑えられます。喪主になったが、多くの人を呼ぶだけの余裕がない、故人の希望などでひっそりと送り出したい場合にぴったりの葬儀スタイルです。

祭壇の準備や納棺から移動しての安置が一式揃っているプランが多く、家族葬よりもシンプルな別れとなります。

お坊さんの手配も引き受けてくれる業者が大半ですが、追加の費用が発生する場合もあります。

一日葬の流れ

逝去を確認した後に、葬儀社へ連絡すると、葬儀社のスタッフがすぐに搬送などの準備を始めてくれます。プロの手で自宅か専用の施設へ安置させたら、すぐに具体的な相談に入ります。納棺は他の葬式と同じであるものの、通夜は省きます。

告別式を済ませたら、火葬を行い請求に対しての支払いを済ませ完了です。「一日葬」は少数の家族だけで別れをする際によく利用されているため、精進落としなどの手続きは基本的にオプション扱いで自由に選ぶことができます。

 一日葬のメリット

「一日葬」のメリットは、関係者の金銭的な負担を大きく軽減できることです。ゆっくりしていられないお葬式でも、ポイントを押さえているから安心して検討できます。遠方から移動してくる家族や関係者にとっても、一日で終了することはとても有難く、急ぎの用事がある人でも、大切な人との最後のお別れを行うことができます。最短で当日に帰ることが可能です。ここでは「一日葬」のメリットについてお話していきます。

遺族の負担を軽減できる

一日だけで行うため、遺族の体力と精神的な負担を軽減できます。大切な人を失った悲しみに耐えながらのさまざまな準備は大変なので、参列者が少なく、親族や本当に親しかった人だけでゆっくりと故人を偲べるメリットは大きいです。

東京都では、行政への手続きや火葬の申込みについても迅速に行う必要があります。

いつまでも故人を安置したままにしないためにも、最低限の生花祭壇がついてくる「一日葬」が選ばれることが多くなっています。

金銭的な負担を軽減できる

お葬式には、付き物の食事や、返礼品をカットできることも、「一日葬」のメリットとして挙げられます。多くの人が参列してくれた場合には、式場や火葬場の近くで探すなどの手間が増えることが多いのです。

精進落としは、その地域の中でも対応している店舗が限られるため、事前に省いておくのも1つの解決方法です。参列者に渡す返礼品にもマナーがあるので、こちらも同様に、事前に省いておくと良いでしょう。また、葬儀社によっては、有料のオプションで選択可能なところもあります。

遠方からの参列者の負担を軽減できる

遠くの地域から来る参列者は、葬儀の前後で宿泊施設に泊まるのが一般的ですが、「一日葬」はすぐに終わるため、ホテルなどを探す負担を大きく軽減できます。

最短で24時間で済ませられる儀式のため、忙しくても親族が集まりやすいのです。

参列者が遠方から来るとなると、移動を含めると、時間がかかりすぎるので参列を諦めることが多いのです。

遠方からの遺族に対して優しい日程にしてみることをおすすめします。社会人はとにかく時間が貴重なため、少しでも時間を節約できるのは良い話です。

一日葬のデメリット

 

一日葬のメリットについてお話してきましたが、ここでは、ここでは「一日葬」のデメリットについてもお話していきます。

参列できなかった人の弔問が増える

葬儀に参列できなかった人が後日に弔問してくるため、その対応に追われることがよくあります。東京都では地域による差が大きいので、打合せの時に葬儀社の担当スタッフから注意点を聞いておくことが大切です。

スタッフはいろいろなノウハウを持っているので、相談しておくと、後からの弔問への対応もスムーズに行うことができ安心です。

このことからも、葬儀社のスタッフに相談しておくと、葬儀についての、いろいろなアドバイスをもらうことができるのでおすすめです。

親族からの理解を得られない場合がある

通夜などの流れをなくして、最小限の流れとなる「一日葬」は、「葬儀には必ずたくさんの人を呼ぶものだ」という昔の考え方をしている親族から反対される場合もあります。

全国から人が集まっている東京都では、「一日葬」は、広く理解されているのに対して、

地域の繋がりを重要視する、地方の人には、「一日葬」という新しい葬儀スタイルは受け入れがたいのです。

予想外の人から急に拒否される可能性もあるので、事前に相談しておくようにしましょう。また、親族と距離があるなら、あまり気にしないのも1つの結論です。

一日葬が選ばれている理由

核家族化による親族との付き合いの希薄化や、新型コロナウイルスの感染拡大による大勢の集まりの自粛によって、「一日葬」が多く選ばれています。

「一日葬」は小規模でありながらも、しっかりとした葬儀を行うため、東京都などでよく利用されています。自宅に棺や祭壇を設置して、宗教の関係者を招いて告別式を行えば、急ぎでも十分な法要になります。また、新型コロナウイルスの終息後に、改めてお別れ会を開くという形も、どんどん増えてきています。

一日葬にかかる費用

「一日葬」の費用は、一般的な内容として約30万円です。生花祭壇と担当スタッフの人件費が大半を占めており、棺や消耗品のドライアイスといった諸々の費用が入っています。

式場は、葬儀社が契約している中から選べることが多く、お葬式のマナーもしっかりしています。お坊さんについては、寺院との付き合いがなくても、、葬儀社では10万円ぐらいで手配してくれます。

 一日葬のマナー

「一日葬」は通常2日間かかるものを一日で終わらせる葬儀なので、事前にお坊さんなどの宗教の関係者や、親族の了解を得ることが大事です。

お葬式の香典や差し入れを辞退する場合には、葬儀社のスタッフと打合せをする段階で決め、早めに関係者に伝えておかなければなりません。

香典返しはありませんが、喪主が自分の現金でまとめて払わなくてはいけないので、事前に葬儀社が用意している支払い方法を確認しておくようにしましょう。

まとめ

通夜と告別式で費用が増えやすい葬式でも、新しい葬儀スタイルの「一日葬」ならば、費用の負担も軽減できます。「一日葬」を行う場合は事前に親族などと話し合い納得した形で行うようにしましょう。

また葬儀社のスタッフはいろいろなノウハウがあるので事前に葬儀について相談しておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
     

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です